FC2ブログ

ベッドの中で (2004.1.1.7 Love affair)

仕事の帰りに彼の家に寄った。
この間の大雪で、いつも車を停めてる彼の家の前は停めれなくなったから、少し離れた駐車場に車を停めた。
車から降りて歩いてるうちに、体が冷えて寒くって・・・。
彼の家に着くとすぐコートを脱いで、彼が寝てるベッドに潜り込んだ。
目を覚ました彼に、

「寒いのぉ~(≧~≦)」

って言うと、彼は美咲をムギュッと抱き締めてくれた(uu*)
ベッドの中で抱き合ったまま、色んな話しをしてるうちに美咲は心地良くなってきて眠くなってきた。

「眠くなってきちゃった…」

「寝ていいよ」

ほとんど寝ぼけながら


「ニギニギして寝るのぉ…」

ズボンの上からお★んちんを握った。
さっきまで眠かったはずなのに、お★んちんを触ってるともっと彼の体に触れたくなってきた。
彼の胸も手の平でナデナデ。
乳首を中指でクルクル。
そしてまた手を下に伸ばし トランクスの中に入れる。

お★んちんは大きくなって、トランクスの中でちょっと窮屈そう。
布団の中で彼のズボンとトランクスを脱がそうとするけど、寝ぼけてて体に力が入らんくて、うまくできない。

「ぬぎぬぎしてぇ~」

彼が自分で脱いで下半身すっぽんぽんになった。

「美咲もぬぎぬぎするぅ~」

美咲も布団の中でゴソゴソ脱いで美咲も下半身すっぽんぽんになった。
お★んちんを触っていると、彼がお★んこの辺りにお★んちんをスリスリしてきた。



20061019102550.jpg

どぅやら、もうはや中に入れようとしてるみたい。

「お口で食べて欲しくないのぉ?」

「して欲しいけど布団をめくったら寒いよ」

「じゃあ、布団に潜って食べるぅ」

美咲は布団の中に潜りこんで、彼の両足の間に座りフェラをする。
でも、布団の重みで頭を上下させにくいし、息が苦しくなってくるの。
我慢できなくて、布団から頭を出して

「ぷはぁ~っ。苦しい~っ!布団が重いよぉ~」

呼吸を整えて もぅ一度布団に潜る。
すると、彼が手で布団を持ち上げてくれていて・・・。
そのさりげなさが嬉しかったのでした(単純?、笑)

COMMENT

*れす*

XXX san♪ まことクン♪
二人とも布団持ち上げる派なんだね☆
(*・・)"ヾ('▽'*)良い子♪良い子(笑)
そういうさりげない心配りがあると、もっと頑張ろうって思っちゃう♪
呼吸しやすいように隙間を開けてくれると、もっとシやすいけど、欲張りだよね(^m^*)

俺も

布団 持ち上げてあげる派だよ(〃∇〃)
美咲ちゃん潜ってくれる?(〃∇〃)テレテレ

潜ってしてもらうときは、上下しにくいだろうな~って思うからオレもよく布団を少しだけ持ち上げたりする~♪
お互い気持ちよくならないとね(*^-^*)

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

side menu

登録ツールズ+



プロフィール

美咲☆

  • Author:美咲☆
  • 人妻&3児のママ
    2005年秋まで、5年間婚外恋愛してました。
    携帯HPに書き綴った
    過去のエロ日記を中心にUPしています☆
    体験談としてお楽しみください♪


    2001年7月
    モバイル用HPデビュー
    2005年4月
    ブログデビュー
    2005年6月
    FC2にお引っ越し


    ・・*・・*・・:*★*:・・*・・*・・
    美咲☆はピルを飲んでいます
    予定外の妊娠で
    悲しい思いをする前に
    避妊はシッカリして
    心からSEXを楽しみましょうね
    ・・*・・*・・:*★*:・・*・・*・・

    *注意事項*

    画像の無断転載は禁止します。
    管理人の判断で
    記事の内容に関係が無いと思われる(業者・宣伝目的・嫌がらせ等)トラックバックやコメント
    は、
    削除する場合があります。
    ご了承ください☆

    現在、出会い系コンテンツのみのブログ&サイトとの相互リンクはお断りしています。
    ご了承ください(*_ _)




トラックバック・ピープル


material

  

RSSフィールド

side menu

最近の記事

コメント ありがとぉ(*´▽`*)ノ゛

カテゴリー

カレンダー

ブログ内検索

リンク

Powered By FC2 blog