FC2ブログ

ねがい (2004.4.3 Love affair)

この晩は美咲はワインを飲んで かなり酔っていた(▽`*)
だって、そばに好きな人がいるとお酒も美味しく感じて、ついついペースが早くなっちゃうんだもぉ~ん♪
先週末は天気が悪くて彼に逢えなかったのもあるし、生理明けの発情期だったから、お酒の勢いでハメを外して乱れたかったのもあるんだけどね(笑)
とにかく久々の酔っ払いだったんで、所々記憶が曖昧になってます(o_ _)o))


ソファに彼がゴロン。
美咲は彼の身体に跨がつてた。
顔を近づけて ちゅ~♪
彼が舌を滑り込ませてくる。

「舌出しちゃダメ!軽いチュ~なのっ」

そう言ったのに 唇を重ねると舌を入れてきた(-"-)

「もぉっ!いやらしい舌なんだからぁっ!」

そう言うと彼がペロッと舌を出してみせる。

「舌出しちゃだめだよっ!唇ペロペロするのぉっ!」

両手でほっぺた包み込み 彼の温かい唇をペロペロと舐める。
彼はされるがまま。

ん~、満足♪

ディープキスも大好きだけど、今日は唇を味わいたかったんだもんっ♪(笑)

で・・・

彼がいつズボン&トランクスを脱いだのか、それとも美咲が脱がせたのか・・・全然 覚えてないけど、とにかく、彼はソファにTシャツ1枚で横になってた。
美咲はそのTシャツをめくり上げて彼の身体中を舐めていた。

前に会った時、彼の身体を舐めくしたい気分になってたのに、その時の流れで背中は舐めれなかったんだよね。
美咲にしたら それが心残りになってたんだよね。
だからこの日は彼をソファに横向に寝かして、背中の上から下へとペロペロ丹念に舐めていった。
今度こそ、大満足(^m^*)

彼は横向で片膝を曲げてる姿勢をしてた。
美咲はお尻から太腿辺りを撫で回す。
だって、彼のお尻はキュッ!としていて、触ると気持ちいいんだもんっ。
ちょっと、痴漢をしてるオヤジの気分(笑)

アナルも指で撫でちゃう。
そうしたら、アナルの近くにホクロをみっけちゃった。
こんな所にホクロがあるなんて、本人は知ってるのかなぁ?
鏡で見ても、見えないよな場所だし。
教えてあげようかとも思ったけど、やっぱり止~めたっ!
もし彼が知ってたら、誰かが彼に教えてあげたってことになるでしょ?
他にもこんな風に彼のを見た人がいたなんて、教えてあげた人がいたなんて、知りたくないもん。
美咲だけの秘密にしちゃおっと(^m^*)

20061019095309.jpg

酔ってて記憶が曖昧だけど、多分。

フェラをしてる最中、服の胸元が邪魔になるからって服を脱いだような・・・?
そして、彼にブラをずり上げられた。
で、ソファに押し倒され・・・
スカートをずり上げられ・・・
足を大きくM字開脚にさせられ・・・
彼は体をソファに突っ伏して、美咲のお★んこを舐めた。

「あぁぁんっ」

腰がビクついて体がずれる。

クリをちゅぅ~っと吸われると、おかしくなりそうなくらい気持ちよくって

「いやぁぁぁぁっ」

頭を振って悶える。
暴れるから腰がずれる。
それでも彼が喰らいついてくる。
ついに美咲は頭がソファから落ちる。
頭に血が上りそう・・・。
けど、『やめて』なんて言えないの。
気持ち良くって・・・。


ソファの上。
彼が覆いかぶさるように美咲の上に乗ってくる。

「まだ入れちゃダメぇ~」

だって、久々にクンニだから、もっとして欲しかったんだもん。
69で舐めっこはよくするけど、クンニだけって凄い久しぶりなんだもん。
彼の舌使いだけを味わいたいの。
でもね、彼は美咲を無視して入れようとする。
お★んこは濡れ濡れだから、簡単に入ってきちゃう。

「ダメ・・・」

にゅるぅ~っと先っぽが入ってくると体から力が抜けて、もぅどぅでもよくなっちゃう・・・。
お★んこの中が彼ので いっぱいになって きもちいぃ・・・。


騎乗位。
美咲が腰を振ってたら

「出していい?」

と聞いてきた。

「まだダメぇ。バックでしてからっ」

「バックなら さっきしたよ」

「えっ??・・・あぁっ!」

そう言えば。
正常位のあと、ソファの背もたれに手をついて、バックでしたっけ。
微かに記憶がよみがえる。
記憶がないなんて、酔って気持ち良くって本能だけでシてたのね(^_^;)

でも彼は、もぅ一度 バックでしてくれた。
美咲はソファに膝立ち。
背もたれに手をつき お尻を突き出す。
彼は床に立って美咲の腰をつかみ、腰を前後に振って突いたり、グルグルとまわして、お★んこの中をかきまわす。

「イっちゃうぅぅ~」

美咲がそう言うと、彼が激しくグイグイッと突く。
これでもか、これでもかっていうぐらいに。

「あぁっ…」

美咲はイッた途端、体から一気に力が抜けて、ソファにバタンッと見事に倒れこんだ。
そしてペラペラの紙になっちゃったように、ズルズルズル~ッとソファに突っ伏して彼の足の間に落ちた(笑)
情けない姿だけど、本当に力が抜けちゃったんだもん。
ふにゃふにゃになりながらも まだ彼はイってないことを思い出して 彼の方を向いた。

彼の足の間から見上げると、なんだか彼に服従したい気持ちになった。
体に力が入らなくて フラフラしながら、やっとの思いで彼の足元に膝立ちになった。
そして、お★んちんを丁寧に舐めまわした。
彼の腰に手をまわし、奥ギリギリまで咥える。
【彼を気持ち良くさせること】
頭にはそれしかない。

「あ・・・ぁ・・・」

気持ちよさそうに声を出してる。
どんな表情をしてるの・・・??
口からお★んちんを抜いて

「顔、見てていい?」

聞いてみた。

「・・・うん」

彼の顔を上目使いで見ながら、咥える。
彼は眉間に皺をよせていた。
美咲も感じてる時は眉間に皺がよる。
気持ちいいのに苦しそうな顔になっちゃうのは どぅしてなんだろぉ?
AVなんか見たら顔で演技か本気か わかっちゃう時あるよね。
今、彼は本気で感じてる。
もっともっと感じて欲しい。
美咲のフェラの虜になって?
願いをこめて・・・・・・。



この日の彼のザーメンは甘い味だった。

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

side menu

登録ツールズ+



プロフィール

美咲☆

  • Author:美咲☆
  • 人妻&3児のママ
    2005年秋まで、5年間婚外恋愛してました。
    携帯HPに書き綴った
    過去のエロ日記を中心にUPしています☆
    体験談としてお楽しみください♪


    2001年7月
    モバイル用HPデビュー
    2005年4月
    ブログデビュー
    2005年6月
    FC2にお引っ越し


    ・・*・・*・・:*★*:・・*・・*・・
    美咲☆はピルを飲んでいます
    予定外の妊娠で
    悲しい思いをする前に
    避妊はシッカリして
    心からSEXを楽しみましょうね
    ・・*・・*・・:*★*:・・*・・*・・

    *注意事項*

    画像の無断転載は禁止します。
    管理人の判断で
    記事の内容に関係が無いと思われる(業者・宣伝目的・嫌がらせ等)トラックバックやコメント
    は、
    削除する場合があります。
    ご了承ください☆

    現在、出会い系コンテンツのみのブログ&サイトとの相互リンクはお断りしています。
    ご了承ください(*_ _)




トラックバック・ピープル


material

  

RSSフィールド

side menu

最近の記事

コメント ありがとぉ(*´▽`*)ノ゛

カテゴリー

カレンダー

ブログ内検索

リンク

Powered By FC2 blog